ブックレットNo.2

ブックレットNo.2 page 40/72

電子ブックを開く

このページは ブックレットNo.2 の電子ブックに掲載されている40ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
38港湾となるためのソフト、ハード両面の改善が必要となります。では、選ばれるためには何ができるのかを考えていきたいと思います。港湾はどのように選ばれているのか そもそも港湾は、どのように選ばれているので....

38港湾となるためのソフト、ハード両面の改善が必要となります。では、選ばれるためには何ができるのかを考えていきたいと思います。港湾はどのように選ばれているのか そもそも港湾は、どのように選ばれているのでしょうか、港湾選択の考え方について説明しましょう。先ほど神戸港が地位を低下させているとお話ししました。震災後に素早く復興してインフラは元の水準に戻りましたが、その地位は低下してしまいました。釜山にシェアを奪われたという議論がどうしても行われがちですが、実際には近隣港である大阪港にもシェアを相当奪われています。大震災前は、大阪港で荷下ろしする船舶はあまり多くありませんでした。しかし神戸港が崩れてしまったということで、大阪港で代替をし、それで、そのまま戻らなかったというようなケースが多いようです。二〇〇九年の外貿コンテナ取扱個数を見ると、実は大阪港のほうが神戸港より多くなっています。つまり、神戸港が地位を落としている問題は、非常に近い、三海里くらいしか離れていない大阪港にシェアを奪われていることが、一つの問題としてあるのではないかと考えられます。 そこで疑問が出てきます。もともと神戸港を使っていた船社は、なぜ違う港湾を選択するようになったのか。どのような港湾選択をしているのか。そこで、需要サイドと供給サイド神戸港