ブックレットNo.2

ブックレットNo.2 page 57/72

電子ブックを開く

このページは ブックレットNo.2 の電子ブックに掲載されている57ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
Yuto Kitamura途上国の教育普及と教育開発研究の役割-教育を通して「市民」を育てる-55階層などによる差別なく、提供することの重要性が強調されている。そして、初等教育の完全普及や成人の非識字率の半減など、....

Yuto Kitamura途上国の教育普及と教育開発研究の役割-教育を通して「市民」を育てる-55階層などによる差別なく、提供することの重要性が強調されている。そして、初等教育の完全普及や成人の非識字率の半減など、二〇一五年までにEFA を達成するという目標が設定され、すべての人が基礎教育を受けられるようにすることを目指している。 こうしたEFA 目標が合意された背景には、とくに途上国における人的資源の重要性が広く認識されるなかで教育分野への関心が一九八〇年代に高まり、先進国や国際機関による途上国への基礎教育援助が幅広く実施されるようになったことがある。しかしながら、目標を掲げただけでは、具体的な実践になかなか結びついていかない。とくに、途上国で基礎教育を普及させるためには、途上国政府だけでは対応できないことも多く、先進国の援助機関、国際機関、市民社会組織(NGO など)の助けを得ることが欠かせない。EFA 推進における課題 近年、多くの国では政府による公共サービスを縮小しようとする動きが進んでおり、基礎教育分野における学校教育の拡充は、資金の増加や教員の確保といった財政支出の増大を伴う施策が必要になるため、政府にとっては難しい判断を迫られている。こうした状況に対して、世界銀行をはじめとする国際機関や先進国の援助機関は、教育援助への資金額を増やすなどの対応をとったが、その総額にしても、資金の拠出方法にしても、多くの途上国にとっては