ブックレットNo.2

ブックレットNo.2 page 18/72

電子ブックを開く

このページは ブックレットNo.2 の電子ブックに掲載されている18ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
16は全く見当外れです。つまり、経済効果はゼロであるというのが、経済学的な答えです。同様に、「エコポイントでこれだけの経済効果がある」、「阪神タイガースの優勝でこれだけの経済効果がある」などと、よく言わ....

16は全く見当外れです。つまり、経済効果はゼロであるというのが、経済学的な答えです。同様に、「エコポイントでこれだけの経済効果がある」、「阪神タイガースの優勝でこれだけの経済効果がある」などと、よく言われますが、実は経済効果はゼロです。 なぜでしょうか。このあたりはよく新聞を読んでいるとわかりますが、例えば今回の高速道路無料化でも、山梨県の石和温泉は、観光客がかなり減少しました。石和温泉は東京に近いことで恩恵を受けてきた温泉地ですが、高速道路が無料になったら、みんなここを通過して、遠くの温泉に行ってしまったわけです。もし観光にかける家計の支出が一定だとしたら、無料化によって近くの観光地から遠くの観光地に行くようになっただけで、お金が落ちる場所は変わったものの、国全体での経済効果は増えていないことになります。 「いや、観光にかける家計の支出が増える」と言われるかもしれませんが、今の日本は経済的に苦しい状況で、消費者の所得も減っています。仮に所得が一定だとしても、観光にかけるお金が増えたら、ほかの家計費が削られますので、国全体での影響はゼロです。それでも家計の支出が増えているとしたら、それは貯金を取り崩しているわけで、各期間を合計した影響はゼロです。ですから、高速道路の無料化による経済効果は、考える必要はないことになります。 経済効果はなくても、公平性という観点では、無料化はいい政策ではないかという考え方もあります。実は、経済学で解けるのは「効率性」、解けないのは「公平性」とよく言われま石和温泉駅前