ブックレットNo.2

ブックレットNo.2 page 53/72

電子ブックを開く

このページは ブックレットNo.2 の電子ブックに掲載されている53ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
Mariko Futamura 国際港湾競争と日本の戦略51 二村真理子さんは、東京女子大学のご出身で、私のゼミの一期生になります。ですからその意味では、いわば私の弟子のような形になっていますけれども、同大学卒業後は一....

Mariko Futamura 国際港湾競争と日本の戦略51 二村真理子さんは、東京女子大学のご出身で、私のゼミの一期生になります。ですからその意味では、いわば私の弟子のような形になっていますけれども、同大学卒業後は一橋大学商学研究科に修士課程から入られ、私の恩師であり、IATSS 顧問でもある杉山武彦先生のもとで研鑽を積まれたという経歴をお持ちです。従って、二村さんは杉山先生のもとでは、私の妹弟子にあたるという、その意味でも非常に近しい関係にあります。ご専門は環境経済学および物流論で、輸送に由来する環境問題への対応、とくに二酸化炭素の排出削減に対する、経済的手法を用いた政策に関する研究などを、主な研究テーマとされています。環境の分野はともかく、港湾や物流の分野で女性の研究者が活躍されるのは、実はかなり珍しいことで、その意味でも各方面から期待されている存在でいらっしゃいます。また東京女子大学においても、ゼミの募集では大勢の学生が集まり、これも二村先生の指導力と人柄が秀でていることの、一つの現れではないかと思っております。今後はIATSS において、学際的な研究にも参加され、異分野の先生方と切磋琢磨されるなかで、より視野の広い研究を続けていかれることを期待しています。推 薦 者 の 言 葉竹内健蔵IATSS 会員東京女子大学現代教養学部国際社会学科教授