ブックレットNo.2

ブックレットNo.2 page 65/72

電子ブックを開く

このページは ブックレットNo.2 の電子ブックに掲載されている65ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
Yuto Kitamura途上国の教育普及と教育開発研究の役割-教育を通して「市民」を育てる-63ことも必要である。 また、いずれの視点においても、教育には国民としてのアイデンティティを涵養したり、市民性を陶冶した....

Yuto Kitamura途上国の教育普及と教育開発研究の役割-教育を通して「市民」を育てる-63ことも必要である。 また、いずれの視点においても、教育には国民としてのアイデンティティを涵養したり、市民性を陶冶したりするという役割があることを鑑み、多文化・多民族・多言語な国家形態をしばしば有する途上国においては教育の普及を通した社会統合の促進が期待されることを忘れてはならない。 さらに、その理論的・方法論的な関心の多様性と実践的な問題設定の幅広さから、教育開発研究は「統合的分野」として理解することが可能である。資料3で示すように、理論に関しては学際性が特徴であり、社会科学と行動科学のさまざまな学問分野における知見が活用されている。また、実践に関しては制度化された学校教育、ノンフォーマル教育、さらには非組織的・非体系的・非定型的なイ出典:北村(2011c)歴史学、社会学、政治学、経済学、人類学・人口統計学、等社会科学理論実践心理学、社会学、人類学、等行動科学生徒、教師、教科書・教材、カリュキュラム、言語、学校経営、政策立案、等フォーマル教育ノンフォーマル教育教育開発研究インフォーマル教育(統合的分野)資料3 統合的分野としての教育開発計画