ブックレットNo.2

ブックレットNo.2 page 7/72

電子ブックを開く

このページは ブックレットNo.2 の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
Yukihiro Kidokoro 道路料金政策の新展開5に使うべきか? 一般に考えられているように、道路建設にのみ使うべきなのか、つまり、道路特定財源は維持すべきか?」という問題です。道路料金は....

Yukihiro Kidokoro 道路料金政策の新展開5に使うべきか? 一般に考えられているように、道路建設にのみ使うべきなのか、つまり、道路特定財源は維持すべきか?」という問題です。道路料金はどのように決めるべきか? 先日、新聞に印象的な記事が載っていました。ある会社の社長さんが休日に工場に行った帰りに、渋滞にはまって動けなくなってしまったため、車を部下に運転させて、自分は新幹線で帰ってきたという話です。高速道路の料金を無料化すると、このような事態が生じやすくなりますが、無料化は経済学的に正しい政策なのかについては、こうした問題も含めて、様々な論点があります。例えば以下の四つは、その代表的なものです。●無料化したら混雑が増える場合があるが、この点はどのように考えるべきか?●無料化によって、競合する船や鉄道を苦境に立たせるのは妥当か?●観光地の経済効果をどのように考えるべきか?●高速道路の無料化はなぜ必要なのか? こうした問いに対して、経済学的な観点から考察してみたいと思います。最初に、その大